敷地は代々木公園から幹線道路と小さな区立公園をはさんだ西側に位置する。
東西を4m内外の道路に挟まれた狭小な敷地における、1階をオフィス、2〜4階を住居とした各階1戸の小さな集合住宅の計画だ。
住戸については、東西に開口を設けたトンネル状の居室に隣接するよう、キッチン・クローゼット・洗面室・浴室を配置した。
緑の多い周辺環境に対し、外壁はコンクリート打ち放しの表情を残しつつ黒で着色し、インテリアは床・壁・天井の全てを白で仕上げている。

(C)Takumi Ota 

<<< >>>